糖尿病は徹底的に予防しておかなければならない

代表的な「生活習慣病」の1つである「糖尿病」は、その原因が判明しているにも関わらず
患者数の減らない、むしろ増え続けている、非常に奇妙な疾患と言えます。

完全に防ぐことは、できないとしても

「どうすれば、なりやすいのか」

「どのくらいになったら、危険と言えるのか」

そういったことは、すでに、かなり以前に判明していることでもあります。

それでも患者数が減っていかない疾患であり
分かっていても、どうしても改善できない症状なのです。

また高血圧と並び、中年以降の深刻な健康トラブル・合併症の
その「ベース」なってしまう、典型的な症状であり
<どのくらいになったらきけんなのか?>ということについて考えている時点で
非常に危険な段階であるということを、自覚しなければなりません。

というのも、

<危険な状態>と呼ばれる段階まで至ってしまった場合には
非常に高い確率で、糖尿病に発展することが予想されます。

「生活習慣」が招く病

糖尿病に至る、<常時>血糖が高い傾向にある状態というのは
一気に進行するものではなく、毎日の生活習慣の積み重ねによって
日々少しずつ悪化していくものであり、「生活習慣病」と呼ばれる所以です。

そして、いつか「超えてはならないライン」を超えますが
毎日血糖値を測る習慣がなければ、超えたかどうは分かりません。

前兆・初期症状がないことも、糖尿病の特徴でもあります。

<いつの間にかなっている>ことが大半なのです。

そして、そこまでに至ってしまうのは

  • 油断
  • 中途半端な予防

この2つが、非常に大きな鍵を握っている

とにかく徹底的な対策を

初期症状がない、日々数値を把握できない、とは言っても
「健康診断」といった検査や、食生活の常識を照らし合わせてみれば

自分がどれだけヤバい状況なのか・ヤバいことをしているのか

そういったことを、ある程度は把握できているはずなのです。

しかしながら、

それでも、症状の進行を許してしまうということは
「対策」「改善策」が、足りないと言えます。

中途半端なアプローチをしているからこそ
進行が止まらず、最終的には糖尿病を発症してしまうのです。

そういった人というのは、毎年・常に何人も存在し、珍しいことでもありません。

そしてそれは、油断してしまう理由の1つでもあります。

しかし、

高血糖というのは、進行性の症状であり
その状態が進行しているか・停滞しているか・改善しているか
結果によって、その時点のアプローチが正しいかわかってしまう症状でもあります。

進行が止まらないのであれば、その方法というのは間違っている
もしくは「働きかけが足りない」と言えてしまうのです。

そして、この糖尿病予防・血糖値の対策にとって最も大切なことは
<徹底的に>ということであり、たとえ現在の状況が軽かったとしても

「早めに治しておく」という気持ちで、徹底的なアプローチが必要なのです。

今現在「かなり症状が進んでいる」のであれば、言うまでもありません。

使えるアイテムは使うべき

糖尿病を防ぐ・高血糖を改善するための働きかけは
基本的には「食事制限(療法)」と「運動」になります。

すでに、症状が進行してしまっている状態であれば
「インスリン療法」を受けている方もいるかもしれませんが
そういった「薬」の投与以外でできることは限られます。

その中でも、いわゆる「糖尿病サプリ」と呼ばれるいるものは
患者数が減らないことに伴って、数多くの種類が販売されており
当サイトに関しても、血糖値対策を進める際の効率的な働きかけとして
<糖尿病サプリと青汁の併用>を、習慣化することを提案します。

薬(インスリン)を使用しない、最も効率的な働きかけになると考えられるためです。