知っているようで詳しく知らない「ビタミンC」のお肌への効果とは

「ビタミン」の代名詞であり、世の中に知らない人がおそらく存在しないであろう
常識的な知識としても知られる「ビタミンC」は、同時に最も有名な美容成分とも言えます。

<お肌にいい栄養素>と言えば、ビタミンCであり
<お肌にいい食べ物>のほとんどには、ビタミンCは含まれています。

正式名称としては、「アスコルビン酸」と呼ばれ
あらゆるジャンルの、あらゆる目的を持ったスキンケアアイテムに
必ずと言っていいほどに含まれている成分であり
<ベース成分>として、欠かせない存在でもあります。

一方で、「入っているのが当たり前」と考えられていたりと
配合していること自体に、それほど価値を置かれていないことも事実です。

しかしながら、<絶対に必要>だからこそ多くのアイテムに配合されており
その効果に関しても、決して軽くはない、こだわるべき成分と言えます。

全てに必要な何でもできる成分

ビタミンCが持つ効果というのは、非常に幅広いものであり
その<美容面>への効果が、語られることがほとんどですが
「免疫力」を向上をさせる働きといった、<健康面>に対しても重要な成分です。

特に「風邪を引かなくなる」「風邪が早くなる」ということは
非常に曖昧ながらも、実証されている代表的な効果であり

そもそも美容とは、健康あってのものであり
<健康によいものは、結果的に美容にとってもよい>と言えます。

とにかく、無限大の効果を持った成分ですが
ここではあくまで<パックとしての外部的な効果>の解説をします。

健康的な肌の要

ビタミンCが、スキンケアアイテムに欠かせない最も大きな理由として
美肌の素となる「皮膚の健康」を、維持する働きを持っていることと言えます。

そして、「美肌」の基礎とは「保湿力」であり
いわゆる<潤い>を持った肌を作る・保ることが必要と言えます。

意外に思われる方も多いかもしれませんが、ビタミンCの本来の働きとしては
上記したよう「免疫力の向上」に加えて「コラーゲンの生成」になります。

コラーゲンとは、「関節部(軟骨)」に欠かせない成分であり
あらゆる組織・細胞の<綱渡し役>と言える成分です。

そして、その働きの一部として「保湿」があり
言うまでもなく、肌のハリ・弾力を保つために欠かせないものと言えます。

このコラーゲンが多ければ多いほど、保湿力が高い肌と言えます。

肌中の水分は、多いことにのるメリット以上に
<少ないデメリット>が、非常に大きなものです。

水分を失った肌は、外部的なダメージを受けやすい状態であり
肌の炎症・ニキビ等のできものが発生するリスクが上昇します。

「まずは悪化させない」という、美容の基礎を担う成分なのです。

また、「シワ」や「たるみ」が発生しやすいことで
まさに<老けて見える>状態でもあり、パックを利用する女性が求める
<若く見せる>ためには、欠かせない要素と言えます。

「たかが保湿」と考える方も多いかもしれませんが
保湿こそ、美肌に改善していくために最も重要な要素と言えます。

肌の透明感を守る成分として

ビタミンCは、<色素の沈着がしにくい肌>を作る成分でもあります。

シミ・そばかすの直接的な要因である、「メラニン色素」の発生を抑え
色素として残らないように、働きかける作用を持っています。

「日焼け止めクリーム」もまた、ビタミンCが力を発揮するアイテムですが
その仕組みは、<焼かない>というよりも<焼けた痕に残さない>ものであり
白い肌(色素の薄い肌)を、<そのままの状態>に保つためのものでもあります。

また、メラニン色素の「還元作用(色素を薄くする・元に戻す)」働きは
シミ・そばかすの改善に、欠かせすことのできない作用でもあります。

またビタミンCは「抗酸化成分」としても知られており
肉体を構成する細胞の1つ1つを、錆び(劣化)から守ります。

これは<老化の速度を抑える>と、解釈できる働きです。

<肉体の老化>とは、1つ1つの細胞の劣化であり
それを防ぐことこそ、「アンチエイジング」の根本的なテーマと言えるものです。

細胞の劣化につながる「活性酸素」は、外部的な刺激(紫外線等)だけでなく
食事によって摂取した食材の「代謝(消化・分解・吸収)」の過程で発生するものであり
その活性酸素を抑える作用こそが、抗酸化成分の役目になります。

更に肌を引き締めることで、毛穴を目立たせなくなることにもつながり
「老化によって緩んだ肌」の特徴を、少しずつ減らしてくれる成分なのです。

与え続けなければならない成分

そもそも、なぜこれほどまでにビタミンCが重要なのかと言うと
ビタミンCは、<体内で生成できない成分>であるためです。

また同時に、破壊されやすい成分でもあり
体の中から・外からの、両方の供給が不可欠です。

非常に重要な成分でありながら、不足しやすい成分であり
不足することで、非常に大きなデメリットを発生させてしまいます。

だからこそ意識して摂取すべき成分であり、その効果を存分に引き出す
「パック」という存在は、非常に効率的なアイテムなのです。