「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」の原因と改善策

順調にダイエットが進み、目に見えて脂肪が減ってきた後は
肌の表面の状態も、改善していきたくなることでしょう。

「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」とは、知る人ぞ知る症状でありながら
自覚している・いないが、非常に曖昧な症状であると言えます。

というのも、「そういうもの」という認識をしている方が非常に多く・・・

二の腕に小さなブツブツが大量にある

という状態を、自然とあきらめてしまっていることが珍しくありません。

しかしながら、毛孔性苔癬とはれっきとした「皮膚疾患」の1つであり
「毛孔性角化症」と呼ばれる、皮膚病に数えられる症状になります。

「毛孔性苔癬」とは

毛孔性苔癬(毛孔性角化症)は、主に「二の腕」に顕著に見られる
「角質」が集中・蓄積してしまっている状態です。

「赤い極小の隆起」が、大量に集まっている状態であり
それは「鳥肌」より更に小さく、また「硬い」ことも特徴的です。

皮膚の色に関しては、赤くならないこともありますが
「炎症」を起こすことによって、いづれは・定期的に赤身を帯びるものになります。

局所的に見られることもありますが、比較的広い範囲に発生するものであり
肩~二の腕~背中の丈夫にかけて、発生していることもあります。

また実は<見えていないだけ>で、二の腕以外にも
「臀部」等にも、発生していることが多いものです。

目に見える症状以外にも、炎症が発生することによって
痛み・痒みを生じることもあり、言うまでもなくより深刻な状態と言えます。

比較的「強いパーツ」に発生する特徴があり
その理由とは「刺激」を受けやすい等、様々な角度から<硬くなりやすい>ためと言えます。

「毛孔性苔癬」が発生する要因

角質が「頑固」になっていることで、正常な除去ができず
それによって雑菌等が発生しやすいため、発生と同時に増加しやすい症状と言えます。

また毛孔性苔癬は、遺伝的な影響も大きく<なりやすい>人がいることも事実です。

女性ホルモンや、免疫機能が関わっている可能性が高いと考えられており
思春期から症状が顕著化することからも、「体質」の影響は大きいと考えられています。

毛孔性苔癬は、女性に悩んでいる人が多い傾向があり
その理由として、男性に比べて「乾燥肌」の傾向があるためと言えます。

肌が乾燥しやすいことで、より角質が固まりやすいのです。

その角質が毛穴を覆うことによって、「隆起」が起きるため
ブツブツが小く・多いことも、毛穴の特徴と比例するためになります。

角質が「角栓」となって、「毛根」を塞いでしまってい現象は
ある意味で、「にきび」にも似た症状とも考えられるものです。

基本的に自然治癒が難しい症状

毛孔性苔癬は、およそ30歳前後から良化してくることも多い症状であり
また、そもそも「病気」という意識が薄いことから
医療機関における、治療を受けない人が圧倒的に多いことが事実です。

そして<自然に治る>ということもまた、その傾向に拍車をかけるものであり
<治らないまま放置>してしまう、原因となってしまって問題が存在します。

特により肌の乾燥が目立ち始める、30の後半からの時期を
そのまま迎えてしまった場合、より症状が悪化してしまうことも考えられ
上記したように、度々炎症を起こすことに陥る可能性もあるため
「顔面」と同じく、適切なスキンケアが必要になります。

保湿をベースとした優しいケアが必要

従来では、医療機関を訪れたとしても
<尿素クリームを処方されるだけ>ということも珍しくなく
それは確かに、有効なものでもありました。

というのも、硬くなった角質(角栓)を柔らかくすることで
除去しやすくし、また炎症が起きない状態を作り出すことは今でも有効と言えます。

「脱毛エステ」に関しても、非常に効果的なものと言えますが
<決して安くはない>ものであり、手軽に行えるものでもありません。

一方で尿素クリームは、一般的にも入手しやすいものであり
そういったものを利用することは、現在においてもおすすめの方法です。

また、より効果的なアイテムも存在するため
特に利用者の多い、「保湿」をベースとした
専用のスキンケアアイテムを、紹介しておきたいと思います。

注意しなければならないのは、角質が原因だからといって
強引な「ピーリング」等で除去することなく、優しく取り除くことです。

>>チャットレディの仕事内容の解説